この映画は“僕らが音楽を聴く理由”をあの娘に教えてくれるのか? 映画『FRANK -フランク-』によせて by 久保憲司

sub1

フランク・サイドボトム×キャプテン・ビーフハート×ダニエル・ジョンストン=フランク!?


楽しみにしてた映画『フランク』を観に行きました。主人公は80年代にイギリスで人気があったミュージシャン/コメディアンのフランク・サイドボトムとキャプテン・ビーフハートとダニエル・ジョンソンを混ぜたキャラクターだというので、そんなの観たいに決まっているじゃないですか。

当時は、フランク・サイドボトム全然興味なかったですが、今考えるとちょっと面白いかなと思いました。日本でいうと天才バカボンのお面をかぶって、真剣になりがちな音楽をおちょくるという設定でしょうか。 



音楽映画によくある嘘くささがない


ザ・スミスの「パニック」をおちょくった曲「パニック・オン・ザ・ストリーツ・オブ・ティンパレイ(ティンパレイはフランク・サイドボドムが住んでいるマンチェスターの郊外の町です)」をリリースしたりしていました。よくモリッシーが許可を出したなと思うんですが、フランク・サイドボドムの中の人は、モリッシーがいたノーズブリードのメンバーたち(後のカルトのビリー・ダフィーもいる)とバンドやっていたので、なんかつながりがあって、断れなかったのでしょう。

フランク・サイドボトム実はちゃんとした人なんですよ。でも、長いこと売れなくって、お面をかぶって、色物をするしかないと思ったのかもしれません。そういう部分では『フランク』と重なります。たぶんそうなんでしょう。この映画の脚本を書いた人はフランク・サイドボドムのキーボードだったんです。しかも、その後はバンドのマネージメントもやり、今はジャーナリストをやっている。しかも自分のスタイルはゴンゾだと言っているんです。『フランク』の語り部であるジョンと凄く似ているんです。そして、マネジャーのキャラクターも彼なんでしょう。だから『フランク』は音楽映画によくある嘘くささがない。

F_30January_0380

この映画は“僕らが音楽を聴く理由”をあの娘に教えてくれるのか?


映画評論家の町山智浩さんが、音楽はキャプテン・ビーフハートと言っていたので、凄く期待していたのですが、ニック・ケイブ的な感じでした。フランク・サイドボドムを演じたマイケル・ファスベンダーがちゃんと歌っているんですが、お手本にしたのはジム・モリソンやジョン・ライドンと言ってたので、ちょっとベタでした。
 
でも、フランクのバンドが演奏を始めた時、僕はちょっとうれしかったです。彼女と観に行っていたのですが、“どうして僕が、彼女がまったく興味を示さない変な音楽を大好きなのか”ということを、彼女に教えてくれる映画かもしれないと思ったからです。
 
この映画、何を伝えたいのか、分かりにくいのですが、たぶん“あちらの世界に行った人たちの音楽に人はなぜ魅了されるのか“ということを探ろうとした映画なんだと思います。
 
そういう映画なんで、音楽はちょっと弱かったかなと思います。キャラクターはキャプテン・ビーフハートとダニエル・ジョンソンと言われていますが、どちらかというとシド・バレットなのかなと思います。

F_30January_0332
 

あなたがここにいてほしい


シド・バレットがなぜ狂ったのか、誰も分からないのですが、僕はシド・バレットが狂ったのは3枚目のシングルが売れなかったからだと思っています。本人も、周りも、“次のジョン・レノンだろう”と思っていたのに、なれなかった。そんなプレッシャーが彼を狂気に追いやったのではないかと思ってます。シド・バレットは本当に凄かったと思う。初期のボウイやマーク・ボランを見るとシド・バレットそっくりですよね。どれくらい凄いインパクトだったのか、当時を知らなくって残念です。初期のジミー・ペイジがギターにミラーをつけていたのも元々はシド・バレットがやっていたことで、本当にセンスいい人だったんだろうと思います。
 
でも、そんな人でも売れないんです。音楽はシド・バレットを使えばもっとホロっとしたと思うのですが。

なぜ、人は狂うか、今は映画の中でフランクのご両親が言うように、病気でしかない、そうでしょう。だんだと狂気も解明されいく現代です。

でも、最後のオチはホロっとさせます。
 
なぜ僕が気が狂ったような音楽に興味を持つのか、彼女はそれ理解をしてくれたか? …いいえ、でも、彼女はこの映画を楽しんでいました。誰もが持つ部分でもありますし、女性を誘って観に行っても大丈夫な映画です。

tsuika1

参考テキストとしての、キャプテン・ビーフハートの神話


映画の中でのレコーディング風景に興味を持った人は、キャプテン・ビーフハートのバンドのギターだったズート・ホーン・ロロが本名Bill Harkleroadで書いた「Lunar Notes – Zoot Horn Rollo’s Captain Beefheart Experience」を読んでみてください。今では英語版しかないんですけど、古本屋で翻訳本を見つけてみてください。

こちらの場合は同級生だったフランク・ザッパの才能に嫉妬したキャプテン・ビーフハートが、どんどんと狂気に落ち入り、それを天才だと勘違いしたバンドのメンバーたちが、カルト集団のようにレコーディングしていく風景が書かれています。この本のオチはズート・ホーンが「キャプテン・ビーフハートって、実は音楽のことよく分かっていないんじゃないか」と気づいて、洗脳がとかれて終わります。はじめ『フランク』の話を聞いた時はズート・ホーンの本のように、フランクというトリック・スターがドタバタと回りを巻き込んでいく話かなとも思ったのですが、それは違いました。

(久保憲司)

ヒューマントラストシネマ渋谷ほか公開中、10月18日(土)より、シネ・リーブル梅田ほか全国順次ロードショー
コピーライト:© 2013 EP Frank Limited, Channel Four Television Corporation and the British Film Institute

配給:アース・スター エンターテイメント
配給協力:アルシネテラン
宣伝:CAMDEN
公式サイト:www.frank-movie.jp

2014年/イギリス・アイルランド合作/英語/95分/カラー/スコープサイズ/原題:FRANK

久保憲司

カメラマン&ライター。「ダンス・ドラッグ・ロックンロール ~誰も知らなかった音楽史~」発売中。なんとNO2も出ました。「ザ・ストーン・ローゼズ ロックを変えた1枚のアルバム」 電子書籍「ロックの闘争」お仕事の依頼はkenji.kubo@m6.dion.ne.jpまで。

関連記事

人気記事TOP10

PLAYLIST:サファイア・スロウズ『アレゴリア』から最新シングル『コンフェッション』に至る8曲

1位

PLAYLIST:サファイア・スロウズ『アレゴリア』から最新シングル

今週の注目音楽ビデオ:カルヴィン・ハリス、ザ・チェインスモーカーズ、リトル・ミックス、コングス、アレックス・ダ・キッド

2位

今週の注目音楽ビデオ:カルヴィン・ハリス、ザ・チェインスモーカーズ、

「攻殻機動隊」実写版『GHOST IN THE SHELL』イベントにKIRI、石動丸倫彦、SAPPHIRE SLOWS、小山田米呂、AYA GLOOMYが出演

3位

「攻殻機動隊」実写版『GHOST IN THE SHELL』イベント

不機嫌な佇まいと音。死の匂い漂うアルバムをシーンに投げかけるKlan Aileen初インタビュー

4位

不機嫌な佇まいと音。死の匂い漂うアルバムをシーンに投げかけるKlan

スティング、6年ぶりに日本上陸

5位

スティング、6年ぶりに日本上陸

レディー・ガガ来日、日本への愛を語る

6位

レディー・ガガ来日、日本への愛を語る

今週来日、ガガさまテレビ出演情報

7位

今週来日、ガガさまテレビ出演情報

レディー・ガガ、大統領選を受け「思いやりの国に住みたい」

8位

レディー・ガガ、大統領選を受け「思いやりの国に住みたい」

レナード・コーエンが死去

9位

レナード・コーエンが死去

ザ・チェインスモーカーズ、全米チャート10週連続1位

10位

ザ・チェインスモーカーズ、全米チャート10週連続1位

© AMP Music All rights reserved.