対談:音楽情報メディアって読んでますか? 2014年版

IMG_3403 (1)

(追記:本記事への反響を受けての「後日談」あり。ぜひご覧ください)
 
SNSによってみんながWEB上でつながった今、そのSNSで話す話題を提供する「メディア」や、それをつくる「編集者」という職業が注目を集めています。紙媒体の衰退とともに数々の音楽雑誌が廃刊、ニュースサイト「ナタリー」が影響力を強め、ロッキング・オンはイベント会社化し、「新しい音楽を知るきっかけはYouTube」と声高に叫ばれる2014年、リスナーたちはどのように音楽情報を仕入れ、音楽メディアに接しているのでしょうか? この対談では、ほんっとうに極端な例かもしれませんが、AMP編集部の照沼と野地の「2014年の俺リアル」をお伝えします。音楽談義のタネにしてもらえれば幸いです。(照沼健太)

 

音楽に関する情報、どう仕入れてる?

照沼:WEBでも紙でも、音楽情報メディアって読んだりする?

野地:WEBはちょいちょい。紙はもう一切読まなくなりました。そもそも書店に置いてなかったりするし。

照沼:雑誌コーナーに「音楽」無いもんね、もう。WEBだとピッチフォークとか?

野地:そうですね、有名どころの。あとはメディアじゃないけどDiscogs(アメリカの音楽データベースサイト。アーティストやレーベルごとにディスコグラフィーが網羅され、リスナー同士での売買が可能なプラットフォームにもなっている)。

照沼:俺はピッチフォークとNME。NMEは去年の後半からリニューアルして良くなったから、iPadで年間購読してる。日本のはサインマガジンかな。でも、昔は音楽情報を仕入れるのって雑誌やWEBメディアだったけど、今はもうレコード屋で情報仕入れることの方が多くなったな。

野地:そうなんですよ。レコード屋が一番メディアっぽい。「あ、こいつら出したんだ」とか店で気付くこともあるし。

 

極論!? フィジカルリリース VS 配信限定

照沼:レコード屋で情報を仕入れていると、フィジカル(CDやレコード等の物理的メディア)でリリースしてないアーティストは全然知らなかったりする(笑)Hi-Hi-Whoopee(当初メディア名の記載に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます)あたりの音楽ブログは情報量すごいし、自分にはアレは作れないと思うしリスペクトするけど、正直あまり読むことができない(笑)というのも、自分としては、フィジカルで出ているということが「遊びでやってるわけじゃないんだな」という判断材料になってる気がする。無意識的に。(注:もちろん音楽ブログだって、無料DLや配信限定だけでなく、フィジカルでリリースしている作品やアーティストも扱っていますよ)

野地:分かります。僕はレコード屋に通うこともレコードを買うことも大好きだし、極端な話、音楽はそれのおまけ。……ってのは、さすがに言い過ぎだけど、それくらいの気持ちで聴いています。フィジカルで出すかどうかって、やっぱり本気かどうか、とも言える気がするんですよね。

照沼:リスク負ってるからね。その曲をリリースすることに対して。

野地:「配信限定」って、その時点で少なくとも気合いで負けてるから。

 

「共通の話題」と「異物感」をつくるのがメディアの役目?

照沼:俺はレコード屋通いしてるわりには、「音が聴ければOK」的なところがあるんだけど、それでもフィジカルで出てるかどうかは絶対重要。無料ダウンロードって言われると逆に聴かない(笑)

野地:うんうん。

照沼:「金使ってフィジカルで出す気合い」と「金出して買う気合い」がぶつかってる方が健全だと思う。だから、音楽メディアの編集長としては問題発言かもしれないけど、完全に個人的なところでは「レコード屋がたくさんあればメディアはいらない」くらいの気持ちもあるんだよね。

野地:分かります。

照沼:でも、やっぱりそれだとダメで。そのすべての店のレコメンドが挑戦的じゃないと、みんなが自分の趣味に閉じこもっちゃう。だから、色んな連中を煽って、騙して、新しい音楽を聞かせる。そんなメディアが必要だと思ってる。

野地:煽り役ですね。僕らもこれまで散々煽られて、無理して新しい音楽を聴いてきた側の人間ですからね(笑)

照沼:BIG LOVE(原宿のレコード屋)で「ほうほう、ALBUM OF THE WEEKを買ってみるか→全然良くないじゃん…→だんだん良さ分かってきたかも→最高!」みたいなね(笑)メディアではスヌーザーがその位置にいたはずなんだけど、もう無いからな。

野地:そう。半ば洗脳ですよ!

照沼:スヌーザーが無くなって、いわゆるインディーとか洋楽ロック界隈は共通の話題を持ちにくくなった。もちろんレコード屋に通ってるようなコアな人たちの間では「今度出るCommunionsはヤバい…!」みたいなのはあるんだけど。でも、Twitterとかで「スヌーザー最新号の特集が云々」みたいな話をすることでつながっていた音楽クラスタって、やっぱり細かい趣味はバラバラだから、今はもう共通の話題がフェスくらいしかなかったりする。それはやっぱ寂しい。

野地:立ち位置的にも本当に貴重な存在でしたよね。僕なんかスヌーザーが廃刊して数ヶ月は「どうやって新しい音楽聴こう?」って悩んでたくらい。

照沼:やっぱある程度は「みんなで聴く」みたいな感じがあった方が楽しいよね。とはいえ、(英語が読めないから)ピッチフォークの点数だけ見て聴く音楽を選ぶってのも、情報量が不足しすぎてる。だから、このAMPもできるだけ多くの「共通の話題」を作れるようにしたいな。

AMP STAFF

AMPの編集スタッフです。
LINK:Facebook , Twitter , Google+ , Tumblr

関連記事

人気記事TOP10

PLAYLIST:サファイア・スロウズ『アレゴリア』から最新シングル『コンフェッション』に至る8曲

1位

PLAYLIST:サファイア・スロウズ『アレゴリア』から最新シングル

今週の注目音楽ビデオ:カルヴィン・ハリス、ザ・チェインスモーカーズ、リトル・ミックス、コングス、アレックス・ダ・キッド

2位

今週の注目音楽ビデオ:カルヴィン・ハリス、ザ・チェインスモーカーズ、

「攻殻機動隊」実写版『GHOST IN THE SHELL』イベントにKIRI、石動丸倫彦、SAPPHIRE SLOWS、小山田米呂、AYA GLOOMYが出演

3位

「攻殻機動隊」実写版『GHOST IN THE SHELL』イベント

不機嫌な佇まいと音。死の匂い漂うアルバムをシーンに投げかけるKlan Aileen初インタビュー

4位

不機嫌な佇まいと音。死の匂い漂うアルバムをシーンに投げかけるKlan

スティング、6年ぶりに日本上陸

5位

スティング、6年ぶりに日本上陸

レディー・ガガ来日、日本への愛を語る

6位

レディー・ガガ来日、日本への愛を語る

今週来日、ガガさまテレビ出演情報

7位

今週来日、ガガさまテレビ出演情報

レディー・ガガ、大統領選を受け「思いやりの国に住みたい」

8位

レディー・ガガ、大統領選を受け「思いやりの国に住みたい」

レナード・コーエンが死去

9位

レナード・コーエンが死去

ザ・チェインスモーカーズ、全米チャート10週連続1位

10位

ザ・チェインスモーカーズ、全米チャート10週連続1位

© AMP Music All rights reserved.