#レコード女子 vol.01 平松絹子さん(Sapphire Slows)

IMG_2237

昨今話題のアナログレコード。あなたの身の回りでも、音楽好きの友だちがレコードを買うようになったり、好きなミュージシャンがアナログレコードをリリースすることが増えてはいないでしょうか? しかし、まだまだレコードファンには男子が多いのが現状。そこで、ビートルズの時代から、ユースカルチャーを先導するのは女子!という考えのもと(?)、ライフスタイル系メディア「roomie」と共同で行うこの連載「#レコード女子」では、レコード好きの女子を取材! 原宿にあるレコードショップ「Big Love」に通うレコード女子を中心に、女子から見た「レコードの魅力」をインタビューし、みなさまにお届けします。ぜひあなたがレコードを手に取るきっかけになれば幸いです。

記念すべき第1回に登場してくれるのは、ミュージシャンの平松絹子さん。Sapphire Slowsとしてアメリカのレーベル<Not Not Fun>からデビューし、海外ツアーも行うなどインターナショナルな活躍を見せる彼女に、レコードとの出会い、そしてレコードの魅力を聞いて来ました。

レコード女子プロフィール
名前:平松絹子(25歳)
職業:サファイアスロウズ
レコード歴:5年くらい

IMG_2147

レコードとの出会いは「新曲がレコードでしか出ていないから」


■レコードを買いはじめたきっかけを教えてください。

18歳で東京に出てきて、クラブやインディーのイベントに行くようになったら、DJがみんな当たり前のようにレコードをかけていて、色んな新曲や新作がレコードでしか手に入らないと気がついて、買い始めたのが最初。はじめは「仕方なく」だったのに、いつのまにかハマってしまったという感じですね。

■レコードを聴いてるというと昔の音楽と思われがちですよね。

うん、よくジャズとかファンクとかクラシックとか思われる。でも私が一番買っているのは新譜。レコードで一番早く新譜が出るということは本当に多いし。

■最初にどんなレコードを買いましたか?

最初はいきなり新譜で買うのは怖いから、中古屋を見てみようと思って、ディスクユニオンでトーキング・ヘッズ『リメイン・イン・ライト』とホール『リブ・スルー・ディス』を買いました。最初は知らないレコードばっかりだから、CDで持っている好きな作品がレコードとしてそこにあるだけで本当に嬉しくて。それで好きな2枚を買ったという感じ。

■レコードプレーヤーは持っていたのですか?

プレーヤーは友だちにすごく古いものを譲ってもらって、それを使ってました。その後はDJしたくなって、ハードオフでDJ用のターンテーブルを買いました。

IMG_2157

レコードを聴くことで音楽と信頼関係が築ける


■レコードの魅力とはなんでしょうか?

わたしの場合はもう、レコードを買い始めてなかったら音楽を作っていないし、音楽がこんなに大事なものになっていなかったかも。レコードを選んで、買って、自分の大切な音楽を「持つ」ことで、音楽がただ消費するものではなくて、両思いになれるというか、音楽と信頼関係が築けると思う。

■レコードを買っていることについて、恋人や友だち、家族はどんな反応をしていますか?

誰も文句は言ってない。私の趣味やアイデンティティの一部として、当たり前のように認めてくれている感じ。やっぱり自分がいちばん好きなものは音楽ってことが、私の周りの人は知っているから。音楽にお金はつぎ込んでるけど、その分他のことにはあまりお金を使わないし。お父さんがもともと音楽好きでレコードとか買ってたし、喜ばれたりもしますね。

■どうやって収納していますか?

レコード棚にいれて、その上にターンテーブルとミキサーを置いてます。枚数はたぶん600~700枚かな。買い始めはDLコード(MP3などのデータをネットからダウンロードできるクーポン)つきのレコードしか買わなかったけど、だんだん関係なくなりましたね。私は12インチが好きだから、12インチを買うことが多いかな。あの棚に並んで増えていく感じが好き。

■レコードはスピーカーの前に座って聴いてますか?

ずっとワンルームに住んでいたので、基本的に自分の部屋でレコードをかけながら何でもできるんです。だから聴きながら料理したりダラダラしたりすることも。もちろん新譜を買ってきたときは1回ずつじっくり聴くけど。

IMG_2303

お気に入りのレコード屋さんは?


■どのくらいの頻度でレコードを買っていますか?

最近は二週間に一度、忙しいときは月に一度レコード屋さんに行ってまとめ買い。暇だった大学生の頃は週に2回以上レコード屋さんに行くこともありました。

■お気に入りの買い物コースがあれば教えてください。

前はわりとレコード屋めぐりをしていたけど、最近はもっぱらBig Loveオンリーですね。最初からBig Love目当てで来ることもあるし、渋谷や原宿で友だちとご飯を食べて、別れて1人になってからBig Love行ってビール1杯飲んで帰るみたいなのもあります。

■Big Loveを知ったきっかけは?

周りの音楽好きの人たちの中で必ず耳にする名前でした。どんなところなんだろうと勇気を出して一人で行ってみました。ユニオンでレコード処女を捨てて、それから「よしBig Love行くぞ」と行きましたね。とにかく最初は緊張しながら来ました。ビールも美味しいし、一番来て楽しいレコード屋さんです。

レコードを買ってないけど「絹子が普段どんなことしてるのか知りたい」って言ってくれる友だちを何人か連れてきたことはありますね。「せっかくレコード屋さん来たから」ということで私のレコードを買ってくれたりして、すごく嬉しかったです。

■Big Loveの魅力や、何かエピソードがあれば教えてください。

音楽に対しても、若者たちに対しても、本当の思いやりがあるところが魅力です。

私は20歳くらいからBig Loveに行き始めたんですけど。授業がない日や暇な日は、お昼から来てビール飲んでました。わりとお酒に強い方だから、ずっと飲み続けて、どんどん酔っ払って、店内BGMがすごく良く聴こえるようになって(笑)それで「この曲は何ですか?」って仲さんに質問しては買ってを繰り返して、結果的に買いすぎたこととかありますね(笑)

IMG_2093

お気に入りのレコード、アイコン、今後の展望


■最近買った良かったレコードを教えてください。

Torn Hawkの『Let’s Cry And Do Pushups At The Same Time』。Torn Hawkというのは、Luke Wyattという人の別名義。以前出たLuke Wyattの最初のアルバムがめちゃくちゃ良くて、それで完全に好きになったんだけど、これはそのアルバムに近い感じがすごく好き。彼とは一昨年アメリカでライブをしたときに会ったんだけど、すごく変で素敵な人だった。ミュージシャンとしてよりも、映像作家としての方が有名だけど、私は音楽の方がすごく好き。音のレイヤーや、サウンドのあたたかみがすごく美しくて共感できる。

■AMPでも2014年年間ベストアルバム1位に選びました。

わ、すばらしいね!お客さん来るか分からないけどいちばん日本に来て欲しいアーティスト。

■ちなみに去年のベストレコードを教えてください。

あーすごく迷う。でも、一番興奮したのは間違いなくアイスエイジの『Plowing into the Field of Love』。

■絹子さんにとってアイコンとなるミュージシャンは誰ですか?

Inga CopelandとLaurel Haloが女性ミュージシャンとしてとても好き。彼女たちはクールだし、憧れる。

■Sapphire Slowsとしての今後の予定や目標を教えてください。

デモができてきているので今年中には何かしらリリースできると思います。それと次はMVを作りたいですね。今年の後半はヨーロッパに行く予定もありますので、活動の幅を広げられればと思っています。

IMG_2337

レコードを買っていてよかったこと、レコードに興味のある女子へのメッセージ


■レコードを買っていてよかったと思うことはありますか?

常にレコードを買っていてよかったと思っていて、一度も後悔したことはないです。

■レコードを買っている男子についてどう思いますか?

友達になろう! でも家族や恋人は大切にして!

■レコードについて話せる友だちはいますか?

いる! Big Loveに行けば、いつでも。

■レコードに興味がある女子にアドバイスやメッセージをお願いします。

レコードっていうのは、マニアックなサブカル男子やおっさんたちだけのものではありません。映画やファッションや文学が面白いと思うなら、レコードカルチャーもきっと面白いと思えると思う。それに逆にレコードから他のカルチャーに興味が広がって行くこともある。人それぞれの買い方や聴き方があって、「こうじゃないきゃいけない」っていうのもないから、自分の好きな関わり方を見つけてほしい!まずはレコード屋さんに行ってみよう。

彼女のライフスタイルへのこだわりや好きなファッションブランドについてのインタビューはroomieで!

(取材・文・写真:照沼健太/協力:平田春果、Big Love Records)



Sapphire Slows

Allegoria

Not Not Fun
2013

Amazon MP3 & CD
iTunes

照沼健太

AMP編集長。好きな音楽は、インディーを中心としたリアルタイムなポップ・ミュージック全般と、50年代のロックンロール。
LINK:Twitter

人気記事TOP10

PLAYLIST:サファイア・スロウズ『アレゴリア』から最新シングル『コンフェッション』に至る8曲

1位

PLAYLIST:サファイア・スロウズ『アレゴリア』から最新シングル

今週の注目音楽ビデオ:カルヴィン・ハリス、ザ・チェインスモーカーズ、リトル・ミックス、コングス、アレックス・ダ・キッド

2位

今週の注目音楽ビデオ:カルヴィン・ハリス、ザ・チェインスモーカーズ、

「攻殻機動隊」実写版『GHOST IN THE SHELL』イベントにKIRI、石動丸倫彦、SAPPHIRE SLOWS、小山田米呂、AYA GLOOMYが出演

3位

「攻殻機動隊」実写版『GHOST IN THE SHELL』イベント

不機嫌な佇まいと音。死の匂い漂うアルバムをシーンに投げかけるKlan Aileen初インタビュー

4位

不機嫌な佇まいと音。死の匂い漂うアルバムをシーンに投げかけるKlan

スティング、6年ぶりに日本上陸

5位

スティング、6年ぶりに日本上陸

レディー・ガガ来日、日本への愛を語る

6位

レディー・ガガ来日、日本への愛を語る

今週来日、ガガさまテレビ出演情報

7位

今週来日、ガガさまテレビ出演情報

レディー・ガガ、大統領選を受け「思いやりの国に住みたい」

8位

レディー・ガガ、大統領選を受け「思いやりの国に住みたい」

レナード・コーエンが死去

9位

レナード・コーエンが死去

ザ・チェインスモーカーズ、全米チャート10週連続1位

10位

ザ・チェインスモーカーズ、全米チャート10週連続1位

© AMP Music All rights reserved.