ジーザス&メリー・チェイン、19年ぶりのニューアルバム発表へ

161209_jesus

ジーザス&メリー・チェインが、19年ぶりとなるニューアルバム『Damage and Joy / ダメージ・アンド・ジョイ』を2017年3月24日にリリースすることを発表した。

『Damage and Joy』とは、いわゆるシャーデンフロイデ(=schadenfreude:ドイツ語で他者の不幸、悲しみ、苦しみ、失敗を見聞きした時に生じる、喜び、うれしさといった快い感情。「他人の不幸(失敗)を喜ぶ気持ち」を意味する。日本語では「メシウマ」など)を意味している。

ジーザス&メリー・チェインは、1998年にクリエイションから『マンキ(Munki)』をリリースするまで、通算6枚のアルバムをリリースした。しかし同作のツアー時に、ウィリアムとジムのリード兄弟の関係が悪化、バンドは空中分解し、解散した。

その後はそれぞれがソロ活動を続けていたが、リード兄弟の声かけにより、2007年の「コーチェラ・フェスティバル」にて再結成。今年2月には彼らのランドマーク的な作品『Psychocandy(邦題:サイコキャンディ)』の再現ライブを行い、話題となった。

新作の制作は今年9月にスタート。アルバムにはバンドのツアードラマーのブライアン・ヤングや、ラッシュのベーシストのフィル・キングが参加している。

発表と同時に、アルバムからの先行シングル「Amputation」がリリースされた。歪んだギターのうねりと、ジムの無頓着なボーカルがぶつかり合うことで、なんともいえない催眠状態を引き起こす楽曲(=hypnotic track)に仕上がっている。

バンドはアルバムを引っさげて、UKツアーを行う予定だ。

Photo: Steve Gullick


damage_and_joy

AMP STAFF

AMPの編集スタッフです。
LINK:Facebook , Twitter , Google+ , Tumblr

関連記事

人気記事TOP10

来日目前!コミュニオンズ最新インタビュー「『ブルー』から連想するのは、空気、天、メランコリー、夢」

1位

来日目前!コミュニオンズ最新インタビュー「『ブルー』から連想するのは

© AMP Music All rights reserved.